有料会員限定

「資源はわれわれの使命だ、絶対に逃げない」 [INTERVIEW]三菱商事・垣内威彦社長

印刷
A
A

[ポイント1]
5月に発表した中期経営計画では、2020年に非資源分野で利益3500億円、資源分野はゼロとした。あぶく銭の部分は目標に入れていない

[ポイント2]
ただ、資源を担うことはわれわれのミッション。絶対に逃げない。これまでは比率が高すぎたが、損を出しても屋台骨が崩れない体制づくりに取り組む

[ポイント3]
当社の強い関与がプラスと判断しローソンへの追加出資を決めた。コンビニは生活インフラになる。商社は黒子で、強みは「人」、経営人材の派遣だ

 

トップ就任から9カ月。戦後初の赤字を教訓に、新たな収益体質の構築に邁進する三菱商事の垣内威彦社長。資源ビジネスのあり方や、非資源分野で推し進めるローソンをはじめとした流通戦略など、根本にある経営方針を聞いた。

三菱商事社長 垣内威彦 かきうち・たけひこ / 1955年生まれ。79年、京都大学経済学部卒業後、三菱商事入社。一貫して飼料畜産・食糧の営業畑を歩み、2010年に執行役員、13年に生活産業グループCEO、16年4月から現職。

特集「三菱商事 vs. 伊藤忠」の他の記事を読む

──垣内社長は就任当初、「今度1位に立ったら二度と降りないようにしたい」と話されました。今期の利益見通しは三菱商事が3300億円、伊藤忠商事が3500億円。業績が当初計画より早く回復する中、経営のあり方が変わりますか。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
三菱商事 vs. 伊藤忠
大胆予測!! これが未来の商社再編図だ
前期に赤字転落した三菱・三井が早くも復活か
[INTERVIEW]三井物産・安永竜夫社長
互いの販売力に期待、思いは微妙にすれ違う
[INTERVIEW]ファーストリテイリング柳井正会長兼社長
伊藤忠の中枢は繊維部門出身のトロイカ体制
トップインタビュー CITIC 常振明
▶▶Part2 総合商社の「真の実力」
5大商社の就職者数は慶應大学が毎年トップ
コンビニ以外でもいろんな業種で火花が散る
ファミマへの出資で鈴木元会長の逆鱗に触れる
三菱商事・ローソンvs.伊藤忠・ファミマ
[INTERVIEW]三菱商事・垣内威彦社長
[INTERVIEW]伊藤忠商事・岡藤正広社長
火花散らす「新2強」、6つの指標で商社比較
▶▶Part1 両雄が激突する「新局面」
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内