有料会員限定

赤字転落・利益首位で明暗、就職人気異変あり 5大商社の就職者数は慶應大学が毎年トップ

印刷
A
A
イラスト:さとうただし

特集「三菱商事 vs. 伊藤忠」の他の記事を読む

伊藤忠商事の人事・総務部の甲斐元和採用・人材マネジメント室長は「今年(2017年入社)は、三菱商事から内定を取ったがウチに来るという学生が一人、二人ではなく、けっこういた。採用でも2強になった」と話す。

一昔前ならば総合商社の就活人気は三菱と三井物産が圧倒的で、伊藤忠のライバルは丸紅だった。したがって、学生が三菱と伊藤忠の内定を取った場合、迷わず三菱に行くといっても過言ではなかった。

今年、財閥系商社の内定を取ったある大学の学生は、「内定者と話をすると、三菱、三井、伊藤忠を並列的に見ている学生が少なくないと感じた」と話す。商社希望だという早稲田大学の学生は「自分の中では、三菱、伊藤忠、次に三井。伊藤忠が利益トップといっても、いつ何が起こるかわからない。ブランドでは三菱が別格だと思う」と分析している。

一方、複数社が発表する就職人気ランキングの中には、三菱と三井の順位が著しく低下したケースもあった(図表1)。調査は今年2月から4月上旬。この間にあったのが、財閥系2社が資源事業の減損で赤字に転落する業績修正の発表だ。明暗が分かれた業績動向が学生の投票に少なからず影響したのかもしれない。下表で伊藤忠の順位が総じて高いのは、「三菱、三井は高嶺の花。伊藤忠は手の届く存在」と考える学生の票を集めているとも考えられる。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
三菱商事 vs. 伊藤忠
大胆予測!! これが未来の商社再編図だ
前期に赤字転落した三菱・三井が早くも復活か
[INTERVIEW]三井物産・安永竜夫社長
互いの販売力に期待、思いは微妙にすれ違う
[INTERVIEW]ファーストリテイリング柳井正会長兼社長
伊藤忠の中枢は繊維部門出身のトロイカ体制
トップインタビュー CITIC 常振明
▶▶Part2 総合商社の「真の実力」
5大商社の就職者数は慶應大学が毎年トップ
コンビニ以外でもいろんな業種で火花が散る
ファミマへの出資で鈴木元会長の逆鱗に触れる
三菱商事・ローソンvs.伊藤忠・ファミマ
[INTERVIEW]三菱商事・垣内威彦社長
[INTERVIEW]伊藤忠商事・岡藤正広社長
火花散らす「新2強」、6つの指標で商社比較
▶▶Part1 両雄が激突する「新局面」
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内