熱帯感染症と戦う「GHITファンド」の大構想

日本の創薬技術をグローバルヘルスへ

スリングスビー氏は「子どもの頃に住んでいたエジプトで、リンパ系フィラリア症の後遺症に苦しむ現地の人に出会い、医師になってからも目の前の患者を治すこと以上に、目の前にいない患者に対して何ができるかをずっと考えてきた」という。

――どういった研究がターゲットになりますか。

HIV、マラリア、結核とNTDsのワクチンや治療薬を研究する大学・研究機関や企業が対象になりますが、必ず海外のファーマ、研究機関との共同研究であることが条件です。開発が成功したあとの許認可や製造、物流などの問題をクリアし、できるだけ早期に患者の手元に薬を届けるためです。

設立から1年半で、マラリア、結核、シャーガス病、住血吸虫症、フィラリア症の治療薬、ワクチンの研究30件に対し33億円超を出資しています。研究の進捗度合いはさまざまです。現時点では、医薬品候補物質の探索段階から臨床第1相までの案件があります。臨床1、2相段階までであれば、創薬ベンチャーも歓迎します。グローバルな提携先を探すお手伝いもできる。アウトリーチに関心のあるバイオベンチャーへの支援は、日本のバイオテクノロジー産業育成という国家戦略にも合致します。

BSL-4施設の稼働には国民の意識改革も必要

――しかし、日本ではBSL(バイオセーフティレベル)-4の研究施設が2件とも現時点では運用できない状態です。感染症治療薬の研究開発にとって大きな障害となりませんか。

直接の影響はないと考えています。われわれはグローバルな研究を推奨しており、日本国内での研究に限定していません。バーチャルでも十分に対応可能だと思います。

ただ、BSL-4施設の稼働は、早急に解決しなければならない問題です。バイオセキュリティは、元来は国民の安全を守るための政策でした。しかし、ボーダーレスとなった現在では国境はもはや意識されなくなっています。それよりも、国際社会全体のバイオセキュリティを考えなければならない。

注)BSL(バイオセーフティレベル)とはバイオ研究施設の安全管理基準。レベル1から4段階に分かれ、4が最高リスクレベル。エボラ出血熱や天然痘などのウイルスがレベル4に該当する。

次ページ蔓延した国では利益を取らないのが条件
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 本当は怖い住宅購入
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 日本人が知らない古典の読み方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT