ルポ 生涯未婚 僕たち、私たちが未婚でいる理由

印刷
A
A
拡大する
(注)金額はコメント回答者の年収(撮影:今井康一)

特集「生涯未婚」の他の記事を読む

スポーツジムに月1万円。酒は缶チューハイか発泡酒を1日3本まで。神奈川県に住む介護福祉士のユウタさん(39。以下、本文中のカタカナ人名はすべて仮名)のささやかなぜいたくだ。

39歳といえば、同世代の6割超が結婚している年齢だ。だがユウタさんには10年以上、結婚はおろか恋人もいない。「自分が大黒柱として家計を担い、奥さんには専業主婦として家を守ってもらう。それが僕にとっての理想の結婚。子供も絶対に欲しい。でも、今の仕事をしているかぎりは無理だと思っています」。

年収は280万円。専門学校を卒業して以来、この道一筋のベテラン介護士だが、勤務先は数年周期で複数回替わっている。「この業界では、同じ職場に長くいても給料はほとんど上がらない」というものの、転職を繰り返しても年収の大幅アップには至らなかったようだ。今の職場もボーナスや退職金がないため、そろそろ辞め時かと思っている。

生活費負担は重くない。定年退職した父(69)と二人暮らしで、毎月3万円を家に入れるほかは、年金でやり繰りしてもらっている。父の現役時代の年収は約1000万円だったから、それに応じて年金額も高い。住まいも父の持ち家だ。「たとえ好きな人ができても、もう結婚しなくてもいいかな」。近頃、そう思い始めている。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内