提携すれど再建は途上 三菱自動車の“益子流”経営


 目下注目されているのが、11年初めにも公表される中計だ。三菱自はこの3年間で財務上のリストラを進めており、有利子負債を大幅圧縮するなどバランスシートは改善傾向。優先株は期間収益の積み上げによる自社買い取り=消却が最も現実的だ。

旧三菱銀行出身の市川秀副社長は「遠からず優先株処理の全体像を示す」と語り、水面下で交渉を進めているもよう。ただ三菱自首脳が明言したように、今回の中計発表では具体策は先送りの公算が高い。

当面は提携強化でしのぎ、優先株処理の時間とキャッシュを稼ぎ出す。そして晴れて「普通の会社」になることこそ、益子社長の“最後”で“最大”の仕事でもあるはず。その役割を終えるにはまだ時間がかかりそうだ。

◆三菱自動車の業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示 <会員登録(無料)が必要です>]

(松浦 大 撮影:今井康一 =週刊東洋経済2010年12月25日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 大槻奈那先生、金融の修羅をゆく
  • 人生100年時代を生き抜く働き方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 離婚親の選択
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地盤沈下に抗う<br>国際金融都市・ロンドンの秘策

強気の姿勢を押し出すジョンソン氏が首相に就任し、「合意なきEU離脱」が現実に迫る金融街シティー。逆境下で推進するフィンテック、グリーンファイナンス、人民元ビジネスの戦略を現地ルポ。イングランド銀行副総裁のインタビューも。

  • 新刊
  • ランキング