有料会員限定

双日 豊田通商「再編商社」の活路 準大手の将来戦略 独自戦略で大手を追撃

印刷
A
A
双日の有力商権、ボンバルディアの小型機

特集「ザ・商社 次の一手」の他の記事を読む

2000年代初めの総合商社再編を無傷で生き残った大手5社は、その後に資源ブームで儲けに儲けた。この間、豊田通商は旧トーメンと合併。旧日商岩井と旧ニチメンは経営統合して双日となった。

これら「再編2社」には資源で儲ける機会が乏しく、その分、大手5社との差は大きく開いた。豊田通商と双日の15年3月期純利益はそれぞれ675億円と330億円で、大手5社とは文字どおりケタ違いだ。

だが、資源バブルが終わった今、再編2社も大手に伍するための独自戦略を仕掛けている。

再編処理で出遅れた双日 強みの航空で巻き返し

双日は03年に、旧UFJ銀行が主導する形の経営統合で誕生した。それまでのリストラで収益源の多くを失っていたうえ、不動産など巨額の不良資産の処理に追われ、再建には時間がかかった。

一時期は、石炭など資源価格の高騰でエネルギー・金属部門が稼いだこともあったが、リーマンショック後にはまた最終赤字に転落。今期は純利益400億円を射程に入れ、ようやく復活を果たそうとしている。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内