有料会員限定

液状化する中東情勢の読み方 ロシアや欧米も入り乱れる

印刷
A
A

シリア情勢とサウジ・イラン対立の関係は? 複雑に絡んだ構図を中東湾岸国研究者が読み解く。

2010年末以降の「アラブの春」で中東は大きく動揺した。チュニジア、エジプトで長期独裁政権が打倒され、リビアとイエメンは今も無政府状態だ。政権の存続したシリアでも内乱が発生した。しかも、これらの国に「イスラム国」(IS)などテロ組織が根を張り、周辺地域にテロを拡散させている。事態収拾を図るべき国際社会は、思惑の違いで足並みがそろわない。

図1のように、それが露骨に表れたのがシリアをめぐる立ち位置だ。

[図1]
拡大する

特集「世界経済危機」の他の記事を読む

シリアはバァス党アサド大統領独裁下にあり、その一族がアラウィー派という少数宗派に属するため、メディアではシリアの内乱はアラウィー派政権対スンナ派反政府勢力の戦いと位置づけられた。ただ、初期のデモ隊の要求は政治改革であり、政権打倒ではなかったし、現在「反アサド」を叫ぶサウジアラビアなどスンナ派諸国もアサド支持を明言していた。少なくとも当初は宗派対立ではなかったのに、いつの間にか宗派対立へと単純化されてしまったのだ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内