有料会員限定

ジャンク債危機はパリバショックの再来か 緊急講義1

印刷
A
A

信用力が低い反面、利回りが高いジャンク債は、金融危機後に先進国の投資マネーが向かった商品の一つだ。だが、資源安と米国の利上げを前にして変調を来している。その原因と影響の波及シナリオについて、いち早く警鐘を鳴らしてきた金融ストラテジストが解説する。

特集「世界経済危機」の他の記事を読む

Question1 なぜジャンク債が注目されている?

一般的にダブルB以下の低格付けの企業が発行する債券をジャンク債(ハイイールド債)、借入比率が高水準であるなど財務レバレッジの高い企業が調達するローンをレバレッジドローンと呼ぶ。

現在、原油を代表とする資源価格が大幅に下落しており、これが原油・ガス、金属・鉱業などのセクターでの企業業績悪化につながると懸念されている。特に注視されているのがシェール関連企業、ブラジルなどの資源関連企業の業容悪化だ。この中から、発行している社債や借りているローンの償還・返済ができなくなったり利払いが滞ったりしてデフォルト(債務不履行)を起こす企業も増加することが予想されている。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内