有料会員限定

ルポ 氷河期世代の残酷な現実 フリーターを抜け出せない

印刷
A
A

今や労働者の3分の1を占めるまでに膨らんだ非正規。企業が“調整弁”として都合よく使ってきたツケは社会全体に跳ね返る。このままでよいのか。日本の歪みをあぶり出す。

(本誌:中島順一郎、山本直樹、冨岡 耕、又吉龍吾、山田雄大、ジャーナリスト:池上正樹 データ協力:田中久貴)

フリーターを抜け出せない

ルポ 氷河期世代の残酷な現実

「本当は正社員として働きたかった。安定した生活が保障された中で、自分の人生を設計したかったです。振り落とされないように必死になって、社会にしがみついている状態です」 

兵庫県に住むAさん(42)は就職氷河期世代。正社員として就職したものの家庭の事情から非正規労働者になり、その後、職を転々。今はセールなどで掘り出し物を見つけてはネットオークションで売りさばき、生計を立てている。

さまざまな職場を転々とし、今はネットオークションで生活するAさん(撮影:加藤順子)

特集「絶望の非正規」の他の記事を読む

大手流通企業の正社員だったAさんの人生設計が狂い出したのは1996年、23歳のとき。母親の面倒を見るために兵庫に帰郷し、派遣会社社員として大手メーカーの系列会社で働き出した。

「怖いのは親が死ぬこと 人生をやり直したい」

繰り返される雇い止め ブラック企業から誘い 

最初の派遣先は半年ごとの更新だったが、わずか1年で雇い止め。Aさんは実家を離れて近隣県に「出稼ぎ派遣」に行く。仕事の内容はガラス工場のオペレーターだった。ここでも3カ月で雇い止めに遭い、実家へ出戻り。近所の食品工場の契約社員になった。それも2年後に過労で辞職。しばらく休養した後、別の派遣会社に登録し、再び大手メーカー系列の会社で仕事をした。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内