有料会員限定

上場企業 非正規の増加・減少ランキング パート、契約社員が増えて企業業績は伸びたのか?

印刷
A
A

増え続ける非正規労働者は、どんな企業に集まっているのだろう。そうした企業は人件費の抑制が業績アップにつながっているのか。また非正規が減った企業の業績はどうか。こうした視点から、上場企業をランキングしてみた。

上場企業が年度ごとに作成する有価証券報告書では、パート・アルバイトなどが全従業員数の1割以上を占める場合、臨時従業員として年間の平均人数を開示することが義務づけられている。

まずはリーマンショックで日本企業の業績が悪化する直前の2007年度から非正規の数がどの程度増えたのか調べてみた。増加数が多い順に示したのが図表1だ。

[図表1]
拡大する

特集「絶望の非正規」の他の記事を読む

なお、業績については、リーマンショックの影響で落ち込んだ08年度から営業利益がどの程度変化したかについて見ている。

ランキング上位にはM&A(企業の合併・買収)などで業容拡大を進めてきた企業が目立つ。

1位は総合スーパーなどを展開する国内流通首位のイオン。M&Aを含めた店舗拡大に伴い、7年間にグループ全体で非正規が6万5763人増えた。14年度末の非正規数も24万7052人と飛び抜けて多い。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
スズキ「納車6ヶ月待ち」国内販売の深刻な事態
スズキ「納車6ヶ月待ち」国内販売の深刻な事態
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内