有料会員限定

初就職は4割が非正規 狭くなる正社員への道 あなたの子どもは大丈夫?

印刷
A
A

若者を取り巻く雇用環境は厳しい状況が続いている。新卒の労働市場にも反映されており、総務省の統計によると今や初就職の約4割が非正規労働者だ(図表1)。男性で約3割、女性は約5割に上る。

[図表1]
拡大する

特集「絶望の非正規」の他の記事を読む

厚生労働省の2014年のデータによると、25~29歳の平均月収は正社員で23.6万円、非正規で18.7万円と開きがある。また25~34歳の非正規のうち約65%が同じ世代の年収の中央値の半分を下回っており、25%近くの非正規は中央値の半分以下(一般的に「貧困」と定義づけられる基準)の収入しかないのだ。

最近は、正社員になりたくて焦っている若者の足元を見て、過酷な労働を強いる企業が出てきている。事例を見てみよう。

Aさんは13年3月に都内の私立大学を卒業後、正社員の職に就けずにいた。同年9月、百貨店などに装飾されている草花・観葉植物を管理する企業、「グリーンディスプレイ」がハローワークに出していた「新卒正社員募集・試用期間なし」という求人を見つけた。正社員での就職にこだわっていたAさんはすぐさまこれに応募した。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内