有料会員限定

達人に学ぶETF投資術 Part2 ポートフォリオを組もう

印刷
A
A

ETFは日本株投資のように銘柄選びから開始してはいけない。達人たちが、その鉄則と実例を紹介する。

世界の投資家からすると、日本人の投資スタンスは二つの意味で「ガラパゴス」だった。

一つは、投資対象がもっぱら日本株に偏重してきたことだ。

米大手運用会社ブラックロックでETF事業を担っていた渡邊雅史氏(現・お金のデザインチーフETFストラテジスト)は指摘する。「海外市場へと投資をしたいとき、海外売上高比率の高い日本企業の株を買うなんて投資が推奨される。しかしこれは、企業個別のリスクをすごく取ってしまうやり方だ」。

ETFは企業固有のリスクに左右されず、純粋に、世界の主要な投資対象(株、債券、不動産、商品)におカネを投じることができるのだ。

二つ目のガラパゴスな点は、投資する手順についてだ。

米国の個人向け金融サービスの研究を専門とする沼田優子・明治大学特任准教授は言う。「どの銘柄を選ぶかより、まとまったおカネをどの地域のどの資産に投じるかのアセットアロケーション(資産配分)が大事。米国の投資教育では当然のこととして教えられるが、日本では十分伝わっていない」。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内