有料会員限定

ETFの基礎知識 10分で学ぶ

✎ 1〜 ✎ 13 ✎ 14 ✎ 15 ✎ 最新
拡大
縮小

パート2からETF投資法を詳述していくが、その前に知っておくべき基本を押さえておこう。

Q1 ETFの仕組みはどうなっている?

A 原資産を分別管理し投資家を保護 

ETFの発行では大きく三つのプレーヤーが関係する。まず、アセットマネジメント会社など「運用会社」がETFを組成する発行体となり、対象指数に連動するようETFの組み入れ銘柄を決め、運用の指揮を執る。さらに運用会社はETFを上場する際、証券会社など最低2社を「指定参加者」に指定する。

指定参加者はETFの在庫をある程度保有し、流動性を確保するために取引所において常時買い注文・売り注文を提示することが求められる(マーケットメイクという)。指定参加者はETF売買の需給を見ながら、運用会社との間でETFの追加設定、解約を行うこともできる。

最後に信託銀行。ETF発行によって集められた投資家の資金は、連動指数に応じた株式など原資産の形で信託銀行において分別管理される。万一運用会社が破綻してもETFの原資産が毀損されることはない。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
【田内学×白川尚史】借金は悪いもの?金融の本質を突く教育とは
【田内学×白川尚史】借金は悪いもの?金融の本質を突く教育とは
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内