有料会員限定

『民主党を見つめ直す』『サムスン・クライシス』 『すべての戦争は自衛意識から始まる』『具体と抽象』

印刷
A
A
民主党を見つめ直す 元官房長官・藤村修回想録
民主党を見つめ直す 元官房長官・藤村修回想録(毎日新聞社/404ページ)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。
ふじむら・おさむ●あしなが育英会副会長、日本ブラジル中央協会副会長。1949年大阪市生まれ。広島大学工学部卒業後、交通遺児育英会入局。93年衆議院総選挙当選(以後連続6回当選)。2010年外務副大臣、厚生労働副大臣。11年から12年まで内閣官房長官を務めた。

財政健全化の道筋付けに奮闘した野田政権

評者 BNPパリバ証券経済調査本部長 河野龍太郎

基地問題で沖縄を翻弄した鳩山由紀夫首相、震災の原発事故で混乱を増幅した菅直人首相。民主党政権期を混乱の3年と記憶する人も多いだろう。だが、社会保障と税の一体改革を成立させ、財政健全化に道筋を付けようと奮闘した野田佳彦政権は保守政権として再評価されるべきではないか。この2年、評者はそうした思いを抱いてきた。

本書は、1993年以降、日本新党を皮切りに、新進党、国民の声、民主党に参加し、野田政権で官房長官を務め、2012年末の衆院選後、政界から引退した保守派政治家の20年をオーラルヒストリーで追ったものだ。気鋭の政治学者の問いかけに藤村修氏が答え、野田政権の政策決定過程や民主党の問題点、外部から見えづらい国会運営の実態をあぶり出す。

まず鳩山、菅内閣が旧民主党メンバーを中心とするリベラル色の強い内閣だったのに対し、野田内閣が民主党保守派による内閣だったことが証言から改めて確認される。自民党野田派と党内から揶揄されたが、この批判は、実は核心を突いていた。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内