有料会員限定

『困難な選択』『失われた国家の富』 『三重スパイ』『リベラルアーツの学び方』

印刷
A
A
困難な選択 (上)
困難な選択 (上)(日本経済新聞出版/496ページ)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。

Hillary Rodham Clinton 1947年生まれ。2009年から13年まで米国務長官を務めた。4年間の国務長官任期中に世界112カ国を巡り、100万マイルを旅した。国務長官就任以前の40年間を、社会活動家、弁護士、ファーストレディ、上院議員などとして過ごしている。

濃密な内容で同類の回顧録を圧倒

評者 東洋英和女学院大学教授 中岡 望

米大統領選挙は、民主、共和両党の候補者を決める予備選挙に向けての選挙活動が加速している。共和党はまだ有力候補者名が取り沙汰されている段階だが、民主党はヒラリー・クリントン前国務長官が世論調査では圧倒的なリードを保っている。よほどの波乱がない限り、クリントン氏が民主党の大統領候補になる可能性が強い。そうした雰囲気の中で問われているのが、クリントン氏の大統領としての資質である。本書は、彼女の能力の評価に最適な本である。

クリントン氏は聡明さに定評がある。2009年、国務長官として最初の訪問国に選んだのは日本だった。その際、評者は国務省の依頼で日本での同行取材をし、単独インタビューを行い本誌に掲載した。彼女のインタビュー記事は、発言を書き起こすだけで何の編集もする必要がないほど簡潔かつ完璧なものだった。かつきわめて謙虚な人柄が印象に残っている。本書の中でも随所で同じ印象を得た。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内