有料会員限定

女性を活用できねばグローバル競争で脱落する いずれクオータ制も議論に

印刷
A
A

いずれクオータ制も議論に

もしかしたらサンドバーグが、米国初の女性大統領になるかもしれない──。

2016年に実施される次期米大統領選挙。ヒラリー・クリントン前国務長官(65)に並び、民主党の有力候補としてにわかに浮上しているのが、米フェイスブックのシェリル・サンドバーグCOO(43)だ。7月に来日した際も、米大使館がメディアのインタビューを一手に仕切り、“売り出し中”の彼女をPRした。今、世界で最も注目される、女性経営者といっていい。

一企業の女性幹部が超大国の大統領候補になる。それだけ海外では女性の活躍が際立つ。

サンドバーグに限らない。IBMのバージニア・ロメッティ、HPのメグ・ホイットマン、ヤフーのマリッサ・メイヤー……IT界では女性CEOの登場が相次ぐ。自由な風土のシリコンバレーでは在宅勤務が浸透、産休後もそのままワーキングマザーとして働く例は多い。

特集「ワーキングマザー」の他の記事を読む

ただしいずれも女性活用を単にイメージ向上の道具にしているわけではない。企業にはそれが競争力の源泉となるからだ。実際、女性を活用した企業とそうでない企業では、マーケットの評価でも差がつく。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
ワーキングマザー
日本の現状ははるか遠く
NPO法人J-Winの内永理事に聞く
石川クロスカンパニー社長に聞く
[INTERVIEW]日テレプロデューサー 次屋尚
企業向けに雇用関連の助成金もある
働いていない潜在保育士は57万人以上
職場だけではない 奮闘するワーキングマザー
本誌独自データ 就活女性必見!
日比野・大和証券G本社社長に聞く
小室ワーク・ライフバランス社長に聞く
仕事優先バリキャリママ vs.育児優先ゆるキャリママ
もはや高度成長期の成功体験は通用しない
「イクメン」も頑張っている
ルンバから「PAS」、家事代行まで…
ディー・エヌ・エー 場智子氏に聞く
男性の皆さん、どこまで知ってますか?
人事部長が匿名座談会でワーママを斬る
ローソン、クロスカンパニー、大和、日産ほか
いずれクオータ制も議論に
職場のお荷物か?戦力?か
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内