有料会員限定

先進企業に学ぶ、ワーママ最前線 ローソン、クロスカンパニー、大和、日産ほか

印刷
A
A

いまだ女性活用で日本は欧米に劣る。だが、変化の芽は出始めた。オフィスや店舗で育休後に復職するママ社員たち。先行ランナーから何を学ぶか。

リアルな店舗や通販の商品開発で議論する小島さん(撮影:今井康一)

特集「ワーキングマザー」の他の記事を読む

ママ目線で開発した時短メニュー 「コンビニご飯を子どもに食べさせるのって抵抗ある?」ローソンのマーケティングステーションに属する小島千代子さん(43)は2児の母。保育園で出会ったママ友57人にメールで尋ねた。

「わかったのは、コンビニ弁当をそのまま出すのは抵抗あるが、野菜を食べさせるため、カット野菜を追加するのは許容できること」(小島さん)。また「子に魚を食べさせたい」と答えたママ友は6割、「野菜を食べさせたい」のは9割。小島さんは結果をプレゼンで報告した。

今、こうした“ママの目線”が、ローソンの商品開発や品ぞろえに欠かせなくなっている。現在ローソン店舗を訪れる客の約4割は女性だ。「お財布を握っているのは働く女子。彼女たちはついで買いが多いし、客単価も高い」(鈴木一十三(ひとみ)・マーケティングステーション部長)。

店舗に限らずネットでも、ワーキングマザーは重要な顧客だ。ローソンがヤフーと組み、今年1月に立ち上げた宅配サービス「スマートキッチン」の標的は、まさに“働くママ”。料理に時間を割けない働く母親向けに、簡単に調理できる食材キットをそろえる。「今後働く女性はどんどん増えるので伸びしろは大きい。時短メニューに付加価値を感じてもらえる」と、スマートキッチンの加茂正治社長は鼻息荒い。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
ワーキングマザー
日本の現状ははるか遠く
NPO法人J-Winの内永理事に聞く
石川クロスカンパニー社長に聞く
[INTERVIEW]日テレプロデューサー 次屋尚
企業向けに雇用関連の助成金もある
働いていない潜在保育士は57万人以上
職場だけではない 奮闘するワーキングマザー
本誌独自データ 就活女性必見!
日比野・大和証券G本社社長に聞く
小室ワーク・ライフバランス社長に聞く
仕事優先バリキャリママ vs.育児優先ゆるキャリママ
もはや高度成長期の成功体験は通用しない
「イクメン」も頑張っている
ルンバから「PAS」、家事代行まで…
ディー・エヌ・エー 場智子氏に聞く
男性の皆さん、どこまで知ってますか?
人事部長が匿名座談会でワーママを斬る
ローソン、クロスカンパニー、大和、日産ほか
いずれクオータ制も議論に
職場のお荷物か?戦力?か
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内