米アマゾン、当日配達の世界展開を検討

すでに米英で展開

 12月11日、米ネット通販のアマゾン・ドット・コム<AMZN.O>は、最短で注文当日に商品を届けるサービスを全世界に広げることを検討している。アマゾンの包装紙。8月撮影(2014年 ロイター/Rick Wilking)

[サンフランシスコ 11日 ロイター] - 米ネット通販のアマゾン・ドット・コム<AMZN.O>は、最短で注文当日に商品を届けるサービスを全世界に広げることを検討しているもようだ。

同社は10月末の求人広告で「当社の長期構想は、顧客が世界のどこでも、注文当日に商品を受け取れるようにすることだ」と宣言した。

実現の時期などは不明。同社の広報担当者はコメントを拒否した。

アマゾンは現在、米国では一部の都市のみで当日配達サービスを行っており、料金は「プライム」プログラムの会員が5.99ドル、会員以外は8.99ドル。今年10月には新聞配達会社のコネクト・グループ<CNCTC.L>と提携、英国でも当日配達サービスを開始している。

アマゾンは実店舗や他のネット通販と競争する上で当日配達を主要戦略と位置付けているが、問題はコスト高。ただし、RBCキャピタル・マーケッツの9月の調査によると、アマゾンの顧客で当日配達を利用したのは4%に過ぎないが、支出額はその他顧客を15%上回った。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT