オーストリアに学ぶ「地方・中小企業主義」

「都会で大企業勤務」以外に広がる選択肢!

クラシックの知識はなくてもいい

――プライベートの時間もしっかり取ることができたら、オーストリアでは楽しみはたくさんありそうですね。

オーストリアに来られたら、仕事だけでなく、別の面も見て楽しまなければもったいないです。スキー、ゴルフ、テニス、ワイン、お菓子、それに音楽。楽しみが山ほどあります。

――音楽などは知識がないとなかなか入って行きにくいでしょうか?

クラシックに関しては日本の方の知識は十分で、オーストリア人よりも日本の方のほうが詳しいぐらいです。オーストリア人でもオペラに行かない人もいますよ。

――それでも街中の至る所で演奏していて、音楽はいつも周りにありますよね。

はい。音楽と言ったときにはオペラハウスで演奏されているような堅いものだけでなく、もっとカジュアルなものもたくさんあるのです。オペレッタや、みんなが集まり、座って一緒に歌うような場もあります。それぞれの村に音楽があり、音楽は日常の一部として自然にあるので、音楽にふれる環境は整っています。

それ以外にはハイキングですね。ハイキングの道がいっぱいありますから、休みの日には出かけてください。そこで出会った人たちと初対面でも話をして、仲良くなるのです。それが社会性にもつながりますよね。オーストリア人は知らない人にもオープンです。仕事はきちんとして、でも休みの日には楽しみ、リフレッシュすることで次の日の仕事への準備もできるのです。それに趣味でのつながりから、ビジネスのコネクションが広がることも多いのですよ。ぜひ趣味のクラブや組織に入ってください。

オーストリアは世界の中でも、住みやすい町と言われています。ヨーロッパでも地理的にとてもよい場所にあり、経済も豊かです。その環境のよさから70以上の日本企業が進出していて、多くの企業が出資しています。ぜひこれからもっと多くの企業に進出してほしいです。

(撮影:風間 仁一郎)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激突! アサヒvs.キリン<br>「正反対」のビール戦略

2020年に豪州最大のビール会社を買収するアサヒグループHD。国内縮小を見越し「スーパードライ」集中でグローバル化を強化する。一方、キリンHDは化粧品・健康食品のファンケル買収などで多角化を推進。正反対の戦略の成否は? 両社トップに聞く。