戦力均衡化、地域密着こそ、プロ野球活性化の切り札


中心は入場料で、観客動員力に左右される。テレビ放送権料については、かつては巨人戦がほぼ全試合、地上波で全国放送され、セ・リーグ球団には1試合約1億円とされる放送権料が入っていた。セの全球団とも、この恩恵などから1990年代ごろまでは黒字の時期が多かった。

また大半の球団では、広告収入などそれ以外の収入がもともと少ない。球場での広告収入や飲食販売収入は、球場を保有しなければほとんど得られない。グループで球場を保有する球団は、阪神など一部だ。

つまり、日本の球団の大半は、入場料以外の収入が少ないため、経費を賄い切れず、赤字体質に陥っているのだ。スポーツビジネスに詳しい帝京大学の大坪正則教授は、「MLBに比べ、日本の球団はロイヤルティ収入などが少なすぎる。日本では帽子やユニホームなどを各球団が細々と売っているが、MLBではコミッショナーが全体をまとめて管理している。アパレルのようなリスクの大きい商売は、球界全体でまとまらないと拡大は難しい」と指摘する。

MLBでは、全国放送の放送権料やロイヤルティ収入などを、コミッショナーが一括管理して収入の極大化に努め、各球団に配分している。MLB30球団の合計売り上げは年々増加し、2010年には過去最高の約70億ドルと予想されている。1球団当たり200億円近い。日本の12球団の合計売り上げは、10年前と比べてほとんど増えておらず、巨人、阪神以外の10球団は、数十億円から100億円前後にとどまる。

この売り上げの差が、選手年俸の差をもたらしている。日本のプロ野球選手(外国人は除く)の今年の平均年俸は、約3800万円。これに対し、MLBは約330万ドル(約2億7000万円)と約7倍に達する。毎年、日本の主力選手がMLBに移籍するが、高い給与を提示してくれる球団でプレーしたいと思うのは数字で評価される彼らの本能だろう。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT