米国企業の現金残高が1兆ドルに膨らんでいるが、事業拡大に向けられる可能性は低い《ムーディーズの業界分析》


シニアVP−スティーブン・オーメン

米国経済の低迷にもかかわらず、米国企業の財務状況は良好である。
米国企業の現金保有高は1兆ドル近くに膨らんでいる。これは、コスト削減、設備投資の縮小、景気後退期のダウンサイジングなどが理由である。
現金保有高は年間の設備投資額と配当を合わせた額を上回り、債務残高の28%を占める。
米国経済の方向性がより明確になるまで、企業が現金を事業拡大や雇用に向けることはなさそうだ。現金は景気後退局面での緩衝材となる。
景気が安定化の兆しを見せるにつれて、自社株買いやM&Aに現金が活用される可能性が高い。
IT大手のシスコ、マイクロソフト、グーグルが現金保有残高のトップ3を占める。トップ20が企業のバランスシートの現金残高の37%を占める。
ムーディーズは、米国の最大手企業の2006年以降の現金保有残高の動向を探るため定量分析を行った。最もキャッシュリッチな企業を、全社および主要業種セクター内で特定している。現時点の現金保有高を、年間設備投資額プラス配当、ならびに債務残高と比較した。

概要
 米国企業のバランスシートは、政府や家計のバランスシートと比較して良好である。現金ならびに短期証券の保有高は、2008年末の7750億ドルに比して、10年半ばには9430億ドルに達した。米国の企業セクターは、これらの現金で年間設備投資や配当を賄ってもなお、1210億ドルが手元に残る。

手元現金ならびに短期証券
[+]画像拡大

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT