米国企業の現金残高が1兆ドルに膨らんでいるが、事業拡大に向けられる可能性は低い《ムーディーズの業界分析》


シニアVP−スティーブン・オーメン

米国経済の低迷にもかかわらず、米国企業の財務状況は良好である。
米国企業の現金保有高は1兆ドル近くに膨らんでいる。これは、コスト削減、設備投資の縮小、景気後退期のダウンサイジングなどが理由である。
現金保有高は年間の設備投資額と配当を合わせた額を上回り、債務残高の28%を占める。
米国経済の方向性がより明確になるまで、企業が現金を事業拡大や雇用に向けることはなさそうだ。現金は景気後退局面での緩衝材となる。
景気が安定化の兆しを見せるにつれて、自社株買いやM&Aに現金が活用される可能性が高い。
IT大手のシスコ、マイクロソフト、グーグルが現金保有残高のトップ3を占める。トップ20が企業のバランスシートの現金残高の37%を占める。
ムーディーズは、米国の最大手企業の2006年以降の現金保有残高の動向を探るため定量分析を行った。最もキャッシュリッチな企業を、全社および主要業種セクター内で特定している。現時点の現金保有高を、年間設備投資額プラス配当、ならびに債務残高と比較した。

概要
 米国企業のバランスシートは、政府や家計のバランスシートと比較して良好である。現金ならびに短期証券の保有高は、2008年末の7750億ドルに比して、10年半ばには9430億ドルに達した。米国の企業セクターは、これらの現金で年間設備投資や配当を賄ってもなお、1210億ドルが手元に残る。

手元現金ならびに短期証券
[+]画像拡大

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 財新
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。