ヤマハの「3輪バイク」は何がすごいのか

徹底試乗でわかった驚きの性能

安定感抜群の「トリシティ」だが、自立させるにはサイドスタンド、もしくはセンタースタンドを立てる必要がある。つまり走行状態では自立しないのだ。とはいえ、前述したように走った状態であれば、3輪でがっちりと路面をつかむため安心感は2輪スクーターの比ではない。

こうしたどっしりとした走行性能は「トリシティ」の魅力のひとつ。前2輪であることを意識するのは、時速10キロメートル以下の微速域のみで、そこから上の領域では一気に安定感が増す。大げさな表現ではなく、時速60キロメートルで走行している際の安定感は掛け値なしで250ccクラスのビッグスクーター並み。それでいて、車両重量は40キログラム近くそれらよりも軽いため乗り味は非常に軽快だ。

実燃費はカタログ値を超えた!

さらなる驚きは燃費数値で、今回、筆者は180キロメートルほど試乗したが、平均燃費は1リットル当たり47.9キロメートルkm(計測は満タン法)とWMTCモードにおけるカタログ燃費値(同38.8キロメートル/クラス1/1人乗り)以上を記録した。

ハンドリングも実に軽快。コーナーでは、その複雑な機構をもった前輪が動いているとは思えないほどに、何も意識することなく軽やかに車体をリーンさせることができる。一部、タイトなコーナーや、すり抜け時の切り返しで前輪が突っ張り気味になることがあるが、それさえ意識すれば2輪スクーターと同等のバンク角があるため、本格的なスポーツ走行も難なくこなす。

ブレーキ性能は非常に強力だ。二つの前輪にはそれぞれ油圧式のシングルディスクブレーキが装着されているためブレーキレバーの握り込みに応じてしっかりとした制動力を示してくれる。また、「トリシティ」には前後連動ブレーキシステムである「ユニファイドブレーキ」が採用されているので、通常の2輪スクーターであれば後輪にのみブレーキが掛かる左レバーを握るだけで、同時に前輪にも適度な制動力を生み出せる。とはいえ、左ブレーキはあくまでも後輪が主体であるため、通常の制動時は前輪用の右レバーと左レバーの同時操作が必要だ。

前述した欧州メーカーの3輪スクーターには、高速自動車国道への乗り入れができる125cc以上のエンジンを搭載したモデルもあるが車両価格は100万円近い。その点、「トリシティ」は33万円(税抜き)と原付2種クラスの枠内だ。車両重量と安定性の相関も良いことから、女性ライダーやリターンライダーにもオススメしたい。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • はじまりの食卓
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
株主第一主義からの脱却は<br>なぜ必要か

米国の有名大企業のCEOらが、米国型資本主義の象徴「株主第一主義」を見直す声明を発表した。本誌コラムニストによる連載「ニュースの核心」では、格差拡大や中間層の消滅を防ぐだけでなく、マクロ経済政策としても有益であることを指摘。