たばこ税は増税容認が過半、住民税は減税望む声--東洋経済1000人意識調査

たばこ税は増税容認が過半、住民税は減税望む声--東洋経済1000人意識調査

小沢・元代表の国会招致問題や民主党の企業・団体献金の再開などで、補正予算の審議がまったく進まない中、さまざまな税金について、今後引き上げるべきか、引き下げるべきかを聞いた。

10月1日、税率引き上げにより、値上げが行われたたばこ。増税直後の調査でも、増税容認派が7割弱。法人税、消費税はともに増税派がやや優勢。一方、住民税は減税を望む声が6割を超える。5月に行った調査とほぼ同様の結果となった。


政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
史上最大の上場に賭ける<br>ソフトバンクの思惑

12月19日、ソフトバンクが上場する。過去最大規模の超大型上場だが、祭りの後は楽観できない。親子上場による利益相反、高い配当性向、キャッシュの流出など懸念材料は多数。同社の大胆な戦略の前提である安定した収益成長が崩れる日、事態は……。