政府・日銀の為替介入に過半数が賛成の意--東洋経済1000人意識調査

政府・日銀の為替介入に過半数が賛成の意--東洋経済1000人意識調査

円高が続く中、20カ国・地域 財務相・中央銀行総裁会議(G20)での為替に関する議論が注目されているが、「通貨安競争」阻止合意は難しいとの見方が広がっている。国内企業決算発表が本格化し始めるが、ドル安・円高傾向が続くなかでは先行きの業績見通しも不透明だ。

そのような情勢の中、政府・日銀が行った為替介入に賛成かを聞いた。

政府・日銀が東京外国為替市場で9月15日に行った円売りドル買いの為替介入。これについて識者の賛否は分かれたが、今回の調査では、賛成が51.7%と半数を超え、反対を大きく上回る結果となった。円高阻止を求める声が強いようだ。



■性別・年代・地域別のクロス集計

■為替介入に賛成か、反対か[+クリックで表を拡大]


【調査概要】調査方法:インターネットウェブ定量調査、調査対象:全国の15~69歳男女1000人(中学生除く)、割付方法:全国8地域・性・年代(10歳刻み)人口動態割付、調査期間:2010年10月5~7日
※対象者を統計的な方法で抽出した世論調査などとは異なる
【調査協力】 マクロミル

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。