政府・日銀の為替介入に過半数が賛成の意--東洋経済1000人意識調査

政府・日銀の為替介入に過半数が賛成の意--東洋経済1000人意識調査

円高が続く中、20カ国・地域 財務相・中央銀行総裁会議(G20)での為替に関する議論が注目されているが、「通貨安競争」阻止合意は難しいとの見方が広がっている。国内企業決算発表が本格化し始めるが、ドル安・円高傾向が続くなかでは先行きの業績見通しも不透明だ。

そのような情勢の中、政府・日銀が行った為替介入に賛成かを聞いた。

政府・日銀が東京外国為替市場で9月15日に行った円売りドル買いの為替介入。これについて識者の賛否は分かれたが、今回の調査では、賛成が51.7%と半数を超え、反対を大きく上回る結果となった。円高阻止を求める声が強いようだ。



■性別・年代・地域別のクロス集計

■為替介入に賛成か、反対か[+クリックで表を拡大]


【調査概要】調査方法:インターネットウェブ定量調査、調査対象:全国の15~69歳男女1000人(中学生除く)、割付方法:全国8地域・性・年代(10歳刻み)人口動態割付、調査期間:2010年10月5~7日
※対象者を統計的な方法で抽出した世論調査などとは異なる
【調査協力】 マクロミル

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
省電力・広域通信“0G”の衝撃<br>IoT化の隠れた主役LPWA

低速ながら電池で数年動くほどの省電力で、基地局から10km以上もの広域通信が可能。 LPWAという通信方式は超高速の5Gとは対極で、関係者に「0G(ゼロジー)」と呼ばれています。検針やモニタリングなど静かな普及の現場を取材しました。