富士テクニカは公的支援受け、国内3位と統合へ。債務軽減、スリム化で生き残り図る

このため、業界の一部では「12月の統合」の「次」を予想する向きもある。今回の統合で両社の経営陣は原則、全員が退任し、新社長に元スズキ常務の和久田俊一氏を迎える。また、コマツ出身の社外役員も例外的に留任を要請されている。このことから、「同業者との水平統合では不十分。スズキ、コマツ産機(プレス機など自動車関連機器を手掛けている)との垂直統合で生き残りを図るのでは」という見方が浮上している。もちろん、現段階では、憶測の域を出ないが。

なお、統合発表と同時に、富士テクニカは今11年3月期の業績予想を修正した。円高で受注環境がさらに悪化し、今期の営業損益はこれまでの1.9億円の黒字予想から、18億円の大赤字転落となる。銀行支援による債務軽減益が発生し、最終損益は1.65億円の小幅黒字(従来の会社予想は1.85億円)となるもよう。会社側の発表数字は宮津の統合効果を考慮していないが、「東経オンライン」はひとまず今期予想を会社修正値並みとする。

(撮影:今井康一 =東洋経済オンライン)


《東洋経済・最新業績予想》
 (百万円)    売 上  営業利益   経常利益  当期利益
連本2010.03       15,832        396        257        299
連本2011.03予       9,800     -1,850     -1,860        170
連本2012.03予      12,000          0          0          0
連中2009.09        8,056        233         17         23
連中2010.09予       3,594       -559       -465       -436
-----------------------------------------------------------
          1株益¥    1株配¥
連本2010.03         37.3          0 
連本2011.03予       211.7          0 
連本2012.03予         0.0          0 
連中2009.09          2.9          0 
連中2010.09予       -54.3          0 
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT