「社会保障の維持・充実」のための増税には賛成?--東洋経済1000人意識調査

「社会保障の維持・充実」のための増税には賛成?--東洋経済1000人意識調査

小沢元代表の強制起訴が決まり、揺れる菅内閣と民主党。国会運営にも支障をきたしそうだ。国民のために政策議論をしっかりしてほしいところ。

その政策の中で、代表選でも大きな論点となった社会保障について、その維持・充実のための増税への賛否を聞いた。

毎年1兆円ずつ増える社会保障費。その制度維持・充実のための増税には、55.2%(増税するべき5.8%、増税もやむをえない49.4%)の人が理解を示し、増税反対派の34.1%(増税すべきではない23.8%、減税するべき10.3%)を大きく上回る。世代別に見ても満遍なく増税容認が過半。「増税すべきでない」は60歳代が最も多く29.9%。

■性別・年代・地域別のクロス集計


【調査概要】調査方法:インターネットウェブ定量調査、調査対象:全国の15~69歳男女1000人(中学生除く)、割付方法:全国8地域・性・年代(10歳刻み)人口動態割付、調査期間:2010年9月6~8日
※対象者を統計的な方法で抽出した世論調査などとは異なる。
【調査協力】 マクロミル

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT