住信SBIネット銀が上場、想定価格は1株1920円 金融プラットフォーマーとしての機能を強化

印刷
A
A

三井住友信託銀行とSBIホールディングスが折半出資する住信SBIネット銀行は15日付の有価証券届出書で、東京証券取引所に新規株式公開(IPO)すると開示した。上場日は3月24日。

開示された資料によると、仮条件を3月7日に、公開価格を同14日に決定する。想定発行価格は1株当たり1920円。新株も発行する。同行は上場により成長投資のための資金調達手段を多様化する。

住信SBIネット銀は2007年9月開業のネット専業で「NEO BANK」のブランド名で業務を展開。住宅ローンにAI(人工知能)審査モデルを採用するほか、日々の入出金データを基に融資条件を決める機能を地方銀行に提供するなどフィンテックに強みを持つ。 

一方で、顧客向けに独自の金融サービスを手掛ける航空会社や小売業など、銀行以外の企業にも取引インフラの提供を拡大。新型コロナウイルス禍でネット経由の需要が高まる中、幅広い業種を対象とする金融プラットフォーマーとしての存在感も増しつつある。

21年4-12月期の純利益は前年同期比33%増の約130億円だった。12月末の預金残高は6兆9939億円、貸出金残高は5兆1162億円と増加を続けている。 

SBIは連結子会社化した新生銀行を軸に地方銀行との連携による「第4のメガバンク構想」を進めるなど、銀行業務を収益の柱に育てていく方針だ。 

住信SBI銀は、21年10月8日に東京証券取引所に上場申請し審査を受けていた。

(第1段落を訂正します)

More stories like this are available on bloomberg.com

著者:萩原ゆき、浦中大我

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT