「仕事できない」罵倒され続けるシングル母の苦悩 離婚後に「軽度知的障害とADHD」が発覚した

印刷
A
A
一人娘とアパートに暮らしながら、児童扶養手当やわずかな養育費をもらってギリギリの生活を送っている奈津美さん(写真:奈津美さん提供)
この連載では、女性、とくに単身女性と母子家庭の貧困問題を考えるため、「総論」ではなく「個人の物語」に焦点を当てて紹介している。個々の生活をつぶさに見ることによって、真実がわかると考えているからだ。
今回紹介するのは、「私は非正規フルタイムで働いているシングルマザーです。離婚してから軽度知的障害とADHDが発覚しました。両親は毒親で絶縁しました。家族から孤立したまま小1の子どもを育てています」とメールをくれた32歳の女性だ。

多くの非正規労働者が抱える不安

関西在住、非正規職のシングルマザー三上奈津美さん(仮名、32歳)からメッセージが届いた。添えてある写真を見ると、年齢よりかなり若く見えた。

筆者は取材希望者を常時受けつけている。精神的に不安定なときに衝動的にメッセージを送る、という人が少なくない。彼女にもそれを感じた。奈津美さんは賃金が低く、先々の雇用が不安定な非正規の仕事であることに悩んでいるようだった。コロナのような有事が起こると真っ先にリストラ対象となりやすく、時間給だと祝日や年末年始などの長期休暇で収入は減る。「これから先のことを考えると不安でたまりません」という心配は、多くの非正規労働者が抱えている。

この連載の一覧はこちら

奈津美さんはフルタイムで働きながら年収200万円程度と低収入だった。一人娘とアパートに暮らしながら、児童扶養手当やわずかな養育費をもらってギリギリの生活を送っていた。すぐに返信した。LINE通話で話すことになった。

「非正規なので貧しい状態です。いまは工場で検品の仕事をしていて、生涯で初めて普通に働けています。具体的にはパーツ工場で完成品に傷がないかとか、流れてきた製品のチェックです。子どもを抱えているので半年後働けているのか、来年は大丈夫なのかとか、とにかく不安です」

次ページ小中学校は勉強についていけなかった
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT