桐谷健太「大阪の兄ちゃん」感覚を大事にする訳

俳優歴20年、役者以外の自分も大切にする現在

役者として、ミュージシャンとしても幅広く活躍する桐谷健太さんの魅力とは(写真:トヨダリョウ)
この記事の画像を見る(8枚)
沖縄好きの桐谷健太さんが主演を務めた映画『ミラクルシティコザ』は、主人公が1970年の沖縄にタイムスリップするという奇想天外な設定。ベトナム戦争下の沖縄を舞台にしたロックンロール・エンタテインメントってどんな映画? オール沖縄ロケで濃密な時間を過ごしたという桐谷さんに話を伺いました。
(文:木村千鶴 スタイリスト:岡井雄介 ヘアメイク:石崎達也)

2002年の芸能界デビューから今年で20年

本記事はLEON.JPの提供記事です

ーーCMをきっかけに大ヒットした『海の声』が三線を弾きながら歌う島唄風の楽曲だったこともあり、桐谷さんと沖縄はイメージがぴったりと重なります。自身も沖縄には縁のようなものを感じているとか。

桐谷:中学生の時、初めて家族で沖縄旅行をして、降り立った途端に「懐かしい」と何か相性のようなものを感じたんです。それから気がつくと何度も沖縄を訪れています。

── 沖縄を舞台にした映画の出演依頼があった時にはどう感じましたか。

桐谷:話をいただいた時、僕は母親と旅行をしていまして、ちょうど海のそばにいたんです。マネージャーさんからの電話で「台本が面白い映画の話がきている。沖縄ロケだよ」と聞いて、“あ、なんかいいな、この感じ”ってその時に思いました。

── 今回の映画は現代のコザ(現・沖縄市)に住む若者、翔太が亡くなった元ロックンローラーの祖父ハルに体を乗っ取られ、1970年代の沖縄にタイムスリップして波乱を巻き起こすという奇想天外なストーリーです。桐谷さんは翔太の魂が乗り移った70年代のハルを演じていますが。

桐谷:脚本の着眼点が面白いと思ったし、監督の作品に対する熱い想いもすごく伝わってきました。撮影はコロナで3度も延期されましたが、延期になってもその都度スケジュールを調整して、どうしても出たいと思ったんです。

次ページ沖縄でのオールロケ
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • グローバルアイ
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT