新車補助金“失効”でトヨタ自動車に新たな危機

最大の注目はトヨタ自動車の今後だ。国内最大手だけに補助金の反動減は大きく、10月国内生産は9月に比べ約2割減少するとみられる。下期の目玉は「ヴィッツ」のフルモデルチェンジだが、同じ排気量1リットル超クラスでは日産自動車「マーチ」が、タイからの逆輸入や1リットル26キロメートルの低燃費で評判。ホンダも「フィット」のハイブリッド版を出す。ヴィッツは厳しい闘いを強いられる。

それだけではない。補助金切れの一方、エコカー減税が12年3月まで続くことが、「トヨタに“誤算”を生む」(業界関係者)というのだ。

燃費では金額に差がなかった補助金と違い、エコカー減税ではハイブリッド車は100%減税となり、購入時には約14万円お得となる。「結果的にプリウスのお得感が際立ち、人気がさらに集中。レクサスやクラウンの販売が鈍り、トヨタの収益構造が急激に悪化するおそれがある」とこの関係者は指摘する。

減産長期化に粗利の悪化が重なれば、回復の腰など簡単に折れてしまう。トヨタにとって、日本経済にとっても、怖いシナリオである。

■トヨタ自動車の業績予想、会社概要はこちら

(撮影:風間仁一郎 =週刊東洋経済2010年9月18日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • コロナショック、企業の針路
  • 最新の週刊東洋経済
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100億円の寄付を即決<br>ユニクロ柳井会長の危機感

ともにノーベル賞を受賞した京都大学の本庶教授、山中教授に、ユニクロの柳井会長が過去最大規模となる総額100億円を寄付すると発表。研究支援を決めた背景には、サステナビリティ、社会課題の解決などに対する柳井氏の強いメッセージがありました。