参院選・民主党に過半数は与えないが、菅首相続投は支持--東洋経済1000人意識調査

参院選・民主党に過半数は与えないが、菅首相続投は支持--東洋経済1000人意識調査

新しい首相を選ぶことになる民主党の代表選挙は中盤戦を迎え、一進一退の状況が続いている。世論調査では菅直人首相が大きくリードするが、小沢一郎・前幹事長の手腕に期待する声も根強い。

その民主党に対し、先の参院選後にどのような政治体制になるのが望ましいか聞いた。

7月の参院選で再び“ねじれ国会”に。国民はこの状態を望んでいたのか。1000人調査によれば、参院での与党過半数を期待していた人は4割で、「ねじれ」を期待した人より多かった。菅首相の退陣は6割以上の人が期待していない。民主党の単独過半数を求める国民が少ない一方で、菅直人首相の退陣を望む声は少ない。また、参議院の権限については、存在意義を揺るがすような厳しい結果が出ている。


■性別・年代・地域別のクロス集計

■投票したかどうか


政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
海外進出、そして株式上場へ<br>新日本プロレスの復活と野望

どん底の2000年代を経て鮮やかなV字回復を果たしたプロレス界の雄。キャラクターの異なるスター選手を複数抱え、観客の4割は女性だ。外国人経営者の下、動画配信や海外興行など攻めの姿勢を見せる。株式上場も視野に入ってきた。