参院選・民主党に過半数は与えないが、菅首相続投は支持--東洋経済1000人意識調査

参院選・民主党に過半数は与えないが、菅首相続投は支持--東洋経済1000人意識調査

新しい首相を選ぶことになる民主党の代表選挙は中盤戦を迎え、一進一退の状況が続いている。世論調査では菅直人首相が大きくリードするが、小沢一郎・前幹事長の手腕に期待する声も根強い。

その民主党に対し、先の参院選後にどのような政治体制になるのが望ましいか聞いた。

7月の参院選で再び“ねじれ国会”に。国民はこの状態を望んでいたのか。1000人調査によれば、参院での与党過半数を期待していた人は4割で、「ねじれ」を期待した人より多かった。菅首相の退陣は6割以上の人が期待していない。民主党の単独過半数を求める国民が少ない一方で、菅直人首相の退陣を望む声は少ない。また、参議院の権限については、存在意義を揺るがすような厳しい結果が出ている。


■性別・年代・地域別のクロス集計

■投票したかどうか


政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不妊治療のリアル
  • 就職四季報プラスワン
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。