なぜ今さら「菅vs.小沢」? 迷走する民主党政権


確かに、8月30日の政府、日銀の経済・金融対策発表を受けても、株価は下げたが、31日の小沢氏出馬以降、株価が上がっている。小沢氏が出馬時に掲げた政権政策によると、緊急経済対策用の予備費2兆円を直ちに全額執行するなど、景気刺激策の規模も大きい。

国民の支持を受ける菅氏、議員やマーケットの支持を受ける小沢氏の間で、ギリギリの攻防が続くとみられ、勝者は不透明だ。が、どちらが勝ったとしても、党内には覆いがたい亀裂が走ることは間違いない。代表選後も、「政局」に揺れ続けることになりそうだ。

 

 

(山田俊浩、風間直樹 撮影:梅谷秀司 =週刊東洋経済2010年9月11日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。

 

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。