民主党のマニフェストの実現を、どの程度望む?--東洋経済1000人意識調査

民主党のマニフェストの実現を、どの程度望む?--東洋経済1000人意識調査

沖縄・尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件をめぐり、中国との緊張関係が続く中、大阪地検特捜部の証拠改ざんが明らかになるなど、内憂外患に揺れる菅内閣。

その菅内閣が実行する政策の母体であるのは民主党のマニフェストだが、それに対し、マニフェストの実現を、どの程度望むか聞いた。

民主党としては、選挙で掲げたマニフェストをぜひ実現させたいところ。しかし1000人調査では、「必ず実現してほしい」は約1割で、「可能な範囲で」「現状に対応した政策を優先」が、計7割超。まずは今ある問題の解決を望む声が強い。

■性別・年代・地域別のクロス集計

【調査概要】調査方法:インターネットウェブ定量調査、調査対象:全国の15~69歳男女1000人(中学生除く)、割付方法:全国8地域・性・年代(10歳刻み)人口動態割付、調査期間:2010年9月6~8日
※対象者を統計的な方法で抽出した世論調査などとは異なる。
【調査協力】 マクロミル

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 埼玉のナゾ
  • 日本野球の今そこにある危機
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。