JALで顧客情報漏えいの可能性

最大75万件、不正アクセスで

 9月24日、日本航空は、顧客情報管理システムへの不正アクセスにより約11万件のマイレージ会員情報が漏えいした可能性があると発表した、成田空港で昨年11月撮影(2014年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 24日 ロイター] - 日本航空(JAL)<9201.T>は24日、顧客情報管理システムへの不正アクセスにより、約11万件のマイレージ会員の顧客情報が漏えいした可能性があると発表した。送信されたデータが圧縮されていた場合は、最大75万件に上る可能性があるという。

現時点で顧客から被害の報告はないが、流出した可能性のある情報は会員の氏名、生年月日、性別、自宅住所、勤務先、メールアドレス。パスワードやクレジットカード番号の漏えいは確認されていない。同システムは約2800万人の顧客データを管理している。

社内のパソコン23台に顧客データを抜き出して外部のサーバーに送信するプログラムが埋め込まれており、顧客情報管理システムにアクセスできるパソコン12台のうち7台から実際にデータを送信しようとしていた形跡があった。24日に判明した。同社は現在、流出した情報内容の特定や原因について詳しい調査を進めている。

*内容を追加しました。

 

(白木真紀 編集:田中志保)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
鉄鋼不況の常態化は必至<br>迫られる国内リストラ

日本製鉄をはじめ、JFE、神戸製鋼所の鉄鋼3社は、強烈な不況に苦しんでいます。主力の鉄鋼事業の利益が急減し、逆風は一時的とは思えません。買収を含めた海外での拡大、国内拠点のリストラなど、生き残り策の深層をリポートします。