国家神道と日本人 島薗進著

国家神道と日本人 島薗進著

宗教学者である著者は、国家神道を「天皇と国家を尊び国民として結束することと、日本の神々の崇敬が結びついて信仰生活の主軸となった神道の形態」と定義する。戦前、多くの日本人はその影響下で暮らし、一つの規範として生きてきた。

本書は、国家神道が幕末から明治維新にかけてどのように形成されたか、から始まり、近代化の歩みとともに発展し、戦後GHQによって解体されるも、現在まで静かに受け継がれていることを提示する。天皇制や国体思想とも深くかかわる国家神道を理解することは、日本の文化や思想、宗教観を理解することであり、ひいては日本人のアイデンティティに知ることにもなると説いている。

岩波新書 840円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「合法薬物依存」の深い闇
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。