米スタバ、日本のスタバを完全子会社化

約990億円投入し公開買い付けを実施

9月23日、米スターバックス・コーポレーションは、スターバックスコーヒージャパン株式の未保有分60.5%を取得し、完全子会社化する計画を発表した。ロンドンで昨年1月撮影(2014年 ロイター/Stefan Wermuth)

[23日 ロイター] - コーヒーチェーン世界最大手の米スターバックス・コーポレーションは23日、スターバックス コーヒー ジャパン<2712.T>株式の未保有分60.5%を取得し、完全子会社化する計画を発表した。

スターバックス コーヒー ジャパンは、米スターバックスと、生活雑貨などの企画/販売会社サザビーリーグの合弁会社として1995年に設立された。

スターバックス・コーポレーションは2回に分けて、公開買い付けを実施。第1回は9月26日から開始し、サザビーリーグが保有株式全株を売却する。第2回は11月10日から開始し、買収価格は合計で約9億1350万ドルとなる見通しだ。

スターバックス・コーポレーションは第1・四半期(10―12月期)末までに、スターバックス コーヒー ジャパンの経営権を取得する予定。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当は怖い住宅購入
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衝撃!住めない街<br>自然災害・人口減を甘く見るな

東京・江東5区や川崎など、首都近郊でひっそりと「住めないエリア」が広がっています。近年の大規模災害で補修が追いつかないところに、人口減少、インフラ老朽化などが重なり、苦悩する街。その現実と、日本人の「住まい方」を考えます。

  • 新刊
  • ランキング