米スタバ、日本のスタバを完全子会社化

約990億円投入し公開買い付けを実施

9月23日、米スターバックス・コーポレーションは、スターバックスコーヒージャパン株式の未保有分60.5%を取得し、完全子会社化する計画を発表した。ロンドンで昨年1月撮影(2014年 ロイター/Stefan Wermuth)

[23日 ロイター] - コーヒーチェーン世界最大手の米スターバックス・コーポレーションは23日、スターバックス コーヒー ジャパン<2712.T>株式の未保有分60.5%を取得し、完全子会社化する計画を発表した。

スターバックス コーヒー ジャパンは、米スターバックスと、生活雑貨などの企画/販売会社サザビーリーグの合弁会社として1995年に設立された。

スターバックス・コーポレーションは2回に分けて、公開買い付けを実施。第1回は9月26日から開始し、サザビーリーグが保有株式全株を売却する。第2回は11月10日から開始し、買収価格は合計で約9億1350万ドルとなる見通しだ。

スターバックス・コーポレーションは第1・四半期(10―12月期)末までに、スターバックス コーヒー ジャパンの経営権を取得する予定。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 本当に強い大学
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT