仮設から仮設へ、復興商店街の厳しい前途

震災3年半後の宮城・気仙沼で起きていること

新しい仮設商店街「鹿折復幸マート」

津波とその後の大火災に飲み込まれた宮城県気仙沼市の鹿折地区。かつて水産加工工場や住宅が建ち並んでいた約42ヘクタールの市街地で、108億円の巨費を投じての敷地のかさ上げを伴う大規模な土地区画整理事業が進められている。

その中でプレハブの仮設商店街が存続の正念場を迎えている。

仮設から移転迫られ、移転先も仮設店舗

「2年後が問題。続ける気力が残っているかどうかだね。それまで一生懸命頑張るしかない」

塩田重美さんの飲食店は9月3日にオープンした

こう語るのは、「食事処塩田」を経営する塩田重美さん(65)。震災前に鹿折地区で豆腐店を営んできたが、津波で自宅兼店舗を失った。

おいの塩田賢一さん(47)の誘いもあって仮設商店街の「気仙沼鹿折復幸マルシェ」で飲食店に衣替えして事業を再開したが、土地のかさ上げ工事の都合で約600メートル離れた別の場所への移転を迫られた。

実は移転先も仮設店舗だった。今度の仮設商店街の名称は「鹿折復幸マート」。気仙沼市が新しく用意した仮設店舗だったが、電気配線のミスで換気扇が回らないことがわかって、重美さんは開店を前にてんやわんわの大騒動を余儀なくされた。

次ページ2年後に仮設は終了となるが・・・
関連記事
トピックボードAD
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
採用クライシス<br>就活ルール廃止の衝撃

経団連が就活ルール作りからの撤退を決定。採用日程は今後どうなるのか。中長期的なあり方を議論する間もなく、足元では超売り手市場の下、仁義なき新卒争奪戦が繰り広げられている。採用手法も人気業界も激変する中での各社の取り組みは……。