仮設から仮設へ、復興商店街の厳しい前途

震災3年半後の宮城・気仙沼で起きていること

「それでも無事に9月3日の大安の日にオープンにこぎ着けられたのでよかった。お客さんも結構来てくれているので当分の間は何とかやれる」と重美さんは安どの表情を浮かべる。

昼時ともなると、工事現場の作業員や被災地を訪れた観光客で賑わう。めかじきの背びれの肉を使用した重美さん特製の「ハーモニカ定食」は相変わらずの人気を博している。

2年後に訪れる存続の危機

もっとも、問題は2年後だ。

同じ仮設商店街に移ってうどん店「釜揚げうどん 団平」を再開した、おいの賢一さんが厳しい表情で語る。

震災後に復興商店街を立ち上げた塩田賢一さん

「2年後の2016年8月31日をもってこの新たな仮設商店街は(工事のために)終了となる。その時までにここから北方向にある住宅エリアの土地のかさ上げはある程度終わっているだろう。そこで再開をめざす商店主は工事終了後、すぐにでも移転する。しかし、私はこの一体の低地エリアに店を出したいと思っている。だが、ここの工事の完成は18年3月末。東京オリンピックも近づいており、工事はさらに遅れるかもしれない。それまでの1年半のブランクをどう乗り切ればいいのか。気仙沼での再建を断念するか、廃業しなさいと言われているようなものだ」

次ページ震災後3年半でも進まない整備
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不妊治療のリアル
  • 奨学金借りたら人生こうなった
  • ベテラン車両の肖像
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT