仮設から仮設へ、復興商店街の厳しい前途

震災3年半後の宮城・気仙沼で起きていること

「それでも無事に9月3日の大安の日にオープンにこぎ着けられたのでよかった。お客さんも結構来てくれているので当分の間は何とかやれる」と重美さんは安どの表情を浮かべる。

昼時ともなると、工事現場の作業員や被災地を訪れた観光客で賑わう。めかじきの背びれの肉を使用した重美さん特製の「ハーモニカ定食」は相変わらずの人気を博している。

2年後に訪れる存続の危機

もっとも、問題は2年後だ。

同じ仮設商店街に移ってうどん店「釜揚げうどん 団平」を再開した、おいの賢一さんが厳しい表情で語る。

震災後に復興商店街を立ち上げた塩田賢一さん

「2年後の2016年8月31日をもってこの新たな仮設商店街は(工事のために)終了となる。その時までにここから北方向にある住宅エリアの土地のかさ上げはある程度終わっているだろう。そこで再開をめざす商店主は工事終了後、すぐにでも移転する。しかし、私はこの一体の低地エリアに店を出したいと思っている。だが、ここの工事の完成は18年3月末。東京オリンピックも近づいており、工事はさらに遅れるかもしれない。それまでの1年半のブランクをどう乗り切ればいいのか。気仙沼での再建を断念するか、廃業しなさいと言われているようなものだ」

次ページ震災後3年半でも進まない整備
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
会計新基準<br>「売上高」が変わる

売上高が6割減にもかかわらず、営業利益は増えた企業も現れた。会計の新基準を適用した結果だ。全産業にかかわる過去最大の基準変更が今年から徐々に広がっていく。