早過ぎる円安、日本株はいったん反落も

【今週のマーケット】実はまだ高値更新でない日経平均

前週末は、日経平均株価は「年初来高値」「6年ぶりの戻り高値」といった文言にあるように沸いたように見える。だが、実は日本株の動きは、急ピッチに円安が進んだ割には鈍い。

円安の割に鈍い、日経平均の動きはどうなる?

日経平均は昨年末の高値を抜けたが、米ドル換算した日経平均は、株の上昇より円安が大幅なため、昨年末どころか、実は、今年7月末の戻り高値も下回っている。

実態面で見ると、8月分の輸出金額は前年比で1.3%減少し、輸出は円安下でも伸び悩みんでいる。これは、製造拠点の海外移転による部分もあろうが、多くの外国人投資家は、日本企業は特に家電を中心に、魅力的な製品作りができなくなり、国際競争力を失ったのではないか、との疑念を寄せている。

国内景気全般も、消費増税後は何とか回復基調にあるものの、内閣府は景気の基調判断を5カ月ぶりに引き下げた。

それでも企業収益は増益基調ではあるので、年末の日経平均としては1万8000円近辺を見込む。だが、前述のように、短期的には為替が円高へ反転するとともに、いったん株価も下押し、日経平均は1万6000円を割り込む可能もある、と警戒している。

今週の日経平均株価見通しは下値1万5700円、上値1万6500円を予想する。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT