ねじれ下の民主党、みんなの党との部分連合に期待集まる--東洋経済1000人意識調査

ねじれ下の民主党、みんなの党との部分連合に期待集まる--東洋経済1000人意識調査

ねじれ状況下、野党と政策ごとに連携する部分連合が注目されている。政策項目ごとに民主党が連携相手として望ましい政党を聞いたところ、みんなの党との連携を望む声が多い。特に公務員制度改革においての連携期待は高い。

■年齢・性別・地域別クロス集計

【調査概要】
調査方法:インターネットウェブ定量調査
調査対象:全国の15~69歳男女1000人(中学生は除く)
割付方法:全国8地域・性・年代(10歳刻み)人口動態割付
調査期間:2010年7月19~21日
※対象者を統計的な方法で抽出した世論調査などとは異なる
【調査協力】マクロミル

(週刊東洋経済編集部 撮影:吉野純治)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! コロナ危機<br>総力特集 土壇場の世界経済

欧米での爆発的な感染拡大により、リーマンショック以上の経済悪化が濃厚です。「自宅待機令」下の米国現地ルポに各国の政策対応、トヨタも国内工場停止に至った自動車産業、ほぼ半値へと急下降したREIT市場など徹底取材。