ねじれ下の民主党、みんなの党との部分連合に期待集まる--東洋経済1000人意識調査

ねじれ下の民主党、みんなの党との部分連合に期待集まる--東洋経済1000人意識調査

ねじれ状況下、野党と政策ごとに連携する部分連合が注目されている。政策項目ごとに民主党が連携相手として望ましい政党を聞いたところ、みんなの党との連携を望む声が多い。特に公務員制度改革においての連携期待は高い。

■年齢・性別・地域別クロス集計

【調査概要】
調査方法:インターネットウェブ定量調査
調査対象:全国の15~69歳男女1000人(中学生は除く)
割付方法:全国8地域・性・年代(10歳刻み)人口動態割付
調査期間:2010年7月19~21日
※対象者を統計的な方法で抽出した世論調査などとは異なる
【調査協力】マクロミル

(週刊東洋経済編集部 撮影:吉野純治)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 若者のための経済学
  • 就職四季報プラスワン
  • シリコンバレー起業日記
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先端医療ベンチャー<br>バイオ・AIが巻き起こす長寿革命

GAFAなどのIT大手や名だたる世界の投資家たちが今、医療ベンチャーに熱い視線を送っている。投資額は約1.7兆円、10年で7倍近くに膨らんだ。ゲノム、AIとの融合、異端技術による創薬、不老長寿研究……。次世代医療の覇者は誰か。