検索とコミュニケーションの融合でヤフー・グーグル連合に挑む--井上俊一・バイドゥ日本法人社長

検索とコミュニケーションの融合でヤフー・グーグル連合に挑む--井上俊一・バイドゥ日本法人社長

7月下旬、ヤフー・ジャパンがグーグルの検索エンジンを採用すると発表。ネット検索業界に激震が走った。両者の国内ネット検索シェアの合計は9割超。国内のネット検索は、事実上、グーグルのアルゴリズムで独占されることになる。
 
 こうした中、中国で7割超のシェアを持つ検索サービス「バイドゥ(百度、Baidu)」の日本法人を率いる井上俊一社長は、「ネット検索での選択肢は必要。ヤフーとグーグルの提携は、非グーグル陣営にとってはチャンス」と語る。井上社長に今後の日本市場での展開などについて聞いた。
 
--日本のヤフーの検索事業責任者から、バイドゥ日本法人社長に転じて2年になる。バイドゥの国内シェアはまだまだ低いが、これまでの評価は。

この2年間はWeb検索、画像検索、動画検索など、検索サービスの品質向上に焦点を当ててやってきた。クオリティは改善できていると思う。会社としての組織作りも含めて、ある程度、軌道に乗った。また、新サービスとしては、日本では絶対に必要な携帯電話向け検索を独自に投入したほか、日本語変換機能(IME)なども投入している。
 
 ただ、トラフィックの水準には満足していない。これを強化する必要がある。
 
--日本のネット検索ではヤフー、グーグルが圧倒的だ。どう差別化するのか。

世界的に見ても、検索だけでは勝負できなくなっている。バイドゥも、検索に加えてソーシャルメディア化を進めているところだ。
 
 中国の百度では、キーワードごとに「部屋」を作って、そこでユーザー同士がコミュニケーションを取れるソーシャルサービスが非常に人気を博している。検索と並んで、百度の集客力の源泉となっている。このサービスの日本語版「てぃえば」のβ版を7月27日にスタートさせた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 本当に強い大学
  • コロナショックの大波紋
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「賃料補助」は焼け石に水<br>飲食店を追い込む“遅い政治”

多くの飲食店経営者が自粛要請に応じています。政治に求められるのは救済プランの素早い策定ですが、与野党案が固まったのは5月8日。せめて第1次補正予算に盛り込まれていれば――。永田町の主導権争いが、立場の弱い人たちを苦しめています。