高齢者の食事は「高カロリー」がいい意外な事情 基礎代謝は低くなってもエネルギーは消耗

印刷
A
A

このように、「1日に60グラム、1食当たり20グラム」というラインは、普段から「たんぱく質をちゃんと摂ろう」と意識していれば、けっこう摂れるもの。感覚的な目安としては、1日に「両手山盛り一杯」の動物性たんぱくを摂るのを目標にするのがおすすめ。肉でも魚でも卵やチーズでも構わないので、両手で持って持ちきれないくらい山盛りの量を食べるようにするとよいでしょう。

市販のプロテインを摂取するのもいいと思います。プロテインといえば、かつては運動選手など一部の人のものでしたが、いまはコンビニやスーパーなどでもパックのプロテイン飲料が置かれています。ほかにも、最近はたんぱく質を強化したヨーグルトなど、さまざまな食品が増えているので、そうした食品を日々の生活に取り入れて摂取していけば、かなりの量のたんぱく質を上乗せできることになるはずです。

しっかり食べることは、人生の幸せにつながる

これまで見てきたように、多くのお年寄りが抱いている「食事の常識」は、最新の老年医学が導き出した「高齢者におすすめの食事の常識」と大きくズレている場合が少なくありません。

『在宅医療のエキスパートが教える 年をとったら食べなさい』(飛鳥新社)書影をクリックするとAmazonのサイトへジャンプします
  • 「年寄りの食べる量は少しでいい」
  • 「高齢者は低カロリー食でいい」
  • 「年をとったら肉は食べなくなるもんだ」

こんな考え方は早々に捨て去って、考え方を「令和の新常識」に180度切り替え、高カロリー、高たんぱくの食事をおいしくどんどん食べるようにするべきなのです。

先ごろ99歳でお亡くなりになった瀬戸内寂聴さんは、500キロカロリーものボリュームの朝ごはんを日課にし、お肉とお酒が大好きで、3日と空けずに牛肉のステーキを食べていたとか。最後まで肌もツヤツヤで、いつも幸せそうな笑顔を浮かべてパワフルに活躍されていましたよね。

食べることは、人生の幸せにつながります。老い先短くなった親に、幸せなラストステージを送ってもらうために、いま一度、「食べること」を見直してもらってはいかがでしょうか。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT