UUUMはこの先どこへ向かう?CFOを直撃した

「専属縮小」の大胆な方針転換で目指す再成長

専属ユーチューバーを半減させると発表したUUUM。クリエーターの認知度が高まってきたことから決断に踏み切ったという(撮影:尾形文繁)
大手ユーチューバー事務所のUUUMが大きな転換期を迎えている。同社は12月16日、約300組いる専属ユーチューバーの数を「半減」させると発表したのだ。
UUUMではユーチューブ上での動画再生に紐づく「アドセンス広告」が売り上げの半分近くを占めているが、その収益は伸び悩みが続く。投資家も先行きを不安視し、株価はここ2年ほど右肩下がりになっていた。
今回打ち出した新方針もその打開策(詳細は12月22日配信記事:UUUM、専属YouTuber「半分削減」に踏み込む事情)。会社を再び成長軌道に乗せることができるか。渡辺崇CFO(最高財務責任者)を直撃した。

単なるマネジメント会社から脱却

――約300組いる専属ユーチューバーの半数を、よりライトな契約形態であるネットワーク契約に切り替えると発表しました。

(ユーチューバーをはじめ)インフルエンサーという存在が世間に認知され当たり前になる中で、タイアップ広告などの案件は以前と異なり、個人でも十分任せてもらえるようになってきた。

すると今後は、企業として個人ではできない領域をどうサポートするかが重要になる。単なるマネジメント会社から、クリエーターのビジネスをサポートする会社に変化しなければならない。

UUUMは「クリエーターをサポートする会社」と認知されてきた。それ自体はこれからも変わらないが、その内容を「UUUMでなければできないサポート」にしていきたい。

――現状はそれができていないと。

今までは専属クリエーターが約300組いたため、社内リソースが分散していた。この人数を半分にすることで、誰に対しても似通っていたサポート内容にメリハリを利かせ、必要なものだけを提供していこうと。

もちろん、専属でなくなる人とも縁が切れるわけではない。ネットワーク契約になればマネージャーがつかないなどサポート範囲は縮小するが、(UUUMが徴収する)手数料の負担も少なくなる。

一部のクリエーターにとっては必要のないサポートもあったと思う。「(ネットワーク契約のほうが)むしろ嬉しい」という人もいるだろう。

次ページ所属ユーチューバーからの反応は?
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
  • 若者のための経済学
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT