「安い日本」には観光立国化の道しかないのか 50年ぶりの円安から想像する日本と国民の未来

印刷
A
A

当時は大幅な円安相場を受けても、すでに海外生産移管を進めていた製造業においては輸出が大きく増えることはなく、「財」収支は増えなかった。だが、「サービス」収支に関しては旅行収支の大幅黒字化を軸として万年赤字から黒字化も散見されるような状況になった。いわゆるインバウンド(訪日外国人)からの外貨獲得であり、形は違えど、これも立派な輸出の1つである。アベノミクス下での円安が実体経済に直接的な影響を与えたのは、財輸出ではなく旅行収支を軸とするサービス輸出である。

観光立国という美辞麗句

パンデミックにより年間2兆円を超える旅行収支黒字が消失してしまったことは、これを当て込んでいた飲食・宿泊業などにとっては痛撃だった。だが、当時のインバウンドを支えた「約50年ぶりの円安水準」は今も健在である。パンデミックがなかったら、訪日外客数は過去最高を更新し続けていた可能性が高いだろう。

今回報じられたような製造業の国内生産回帰が本格化するのはまだ先だとしても、海外との往来が正常化されれば、「旅行収支黒字の拡大」という要請から「安い日本」の未来を「観光立国化」という美辞麗句で展望するような議論が騒がしくなるはずだ。

次ページ「観光立国化」は国内居住者が訪日客に尽くすということ
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT