牛肉価格が急騰「ミートショック」の衝撃【動画】 アメリカ産牛肉は1年で2倍!外食産業はどうなる

拡大
縮小

輸入牛肉の価格が異常なほどに上がっています。

部分肉の価格は軒並み上昇、長期化の懸念も

農畜産業振興機構の統計を見ると、アメリカ産のショートプレート(バラ肉)の卸売価格は2021年4月以降、1キログラム当たり1000円を超えて
6~8月は1100円台になりました。

1年前は600円台で推移していましたので、2倍近くの上昇です。部分肉の価格は軒並み上がっています。

画像をクリックすると『週刊東洋経済プラス』の「崖っぷちの外食」特集ページにジャンプします

一時的な現象かもしれませんが、長期化する懸念もあります。

いったい何が起こっているのでしょうか?

東洋経済が運営する会員制の経済ニュースサイト『週刊東洋経済プラス』の特集「崖っぷちの外食」より、東洋経済の中尾謙介記者のリポートを
もとに動画にまとめました。

東洋経済オンラインYouTubeチャンネルリポーターの守永真彩と東洋経済オンライン編集部長の武政秀明がわかりやすく解説します。

ぜひご覧ください(再生時には音量等にご注意ください)

(撮影:今井康一)画像をクリックするとYouTubeの動画ページにジャンプします
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT