聞き上手が話し上手に劣ると思う人の大きな誤解

コミュニケーションに流暢な話し方は必要ない

「話し上手」より「聞き上手」のほうが得するワケとは?(写真:perfecta/PIXTA)
3坪のたこ焼きの行商から、口コミだけで県外から毎年1万人を集める大繁盛店を作り、ユニークな人材育成法をこれまで延べ45万人に伝えてきた永松茂久氏。その永松氏がコミュニケーションの秘訣を明かし、2021年1番売れた会話の本『人は話し方が9割』の続編『人は聞き方が9割』より、「聞く力の習得法」について解説します。

コミュニケーションに難しいテクニックはいらない

「私はもともと口下手で、もっと人と上手に話せるようになりたいのですが、どうしたらいいでしょうか?」

最近、こうした相談をよくいただくようになりました。

たしかに流暢に話ができる人は、多くの人にとって魅力的に映るのかもしれません。

しかし、ことコミュニケーションにおいては、そうした話し方はすべてがプラスに働くとは限りません。

むしろ、流暢に話しすぎてしまうと、周りの人を気後れさせてしまったり、「この人は口がうまいな」とマイナスイメージを持たれてしまったりするおそれもあります。

もちろん人前でテンポよく話をする方法はありますが、私はあくまでコミュニケーションに絞ってお伝えしているので、言い切ります。

人と良いコミュニケーションを取るために、そうした流暢な話し方は必要ありません。

コミュニケーションの中で相手が求めているのは、難しいテクニックを使った話し方より、むしろ自分自身の居心地のよさなのです。

コミュニケーションの主導権は話す側ではない

もう1つ、多くの人が間違っている思い込みがあります。それは

「話す人が会話の主導権を握っている」

というものです。

本当の意味でコミュニケーションが上手な人は、一方的に自分の論理で人を巻き込んでいくようなことは決してしません。

それは、「どんな人も本来は話したい生き物である」という人間心理をよく理解しているからです。

つまり、本当に会話の主導権を握っているのは、話す側ではなく、話させる側である、ということをよく知っているのです。

次ページ聞く力はあの人から学べ
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT