スプリント、地域キャリアとの相互接続を強化

低コストでサービスエリアを拡大

 9月5日、ソフトバンク>傘下の米プリントは15社の地域携帯事業会社と相互ローミング契約を結んだと発表した。写真は2004年12月、ニューヨークで(2014年 ロイター/Mike Segar)

[ワシントン 5日 ロイター] - ソフトバンク<9984.T>傘下で米携帯電話3位のスプリントは5日、15社の地域携帯事業会社と相互ローミング契約を結んだと発表した。

これによりスプリントと相互ローミング契約を結ぶ事業会社は27社となり、サービスエリアは56万5000平方マイル、同エリア内の人口は3800万人を超えることになる。

関係筋によると、27社と相互ローミング契約を結ぶことで、スプリントは4G(第4世代)サービス提供地域を自社のみで拡大させた場合と比べ、 約19億ドルのインフラ整備費用を節約することができる。

新たに相互ローミング契約を結んだのは、ケンタッキー州のブルーグラス・セルラー、アイダホ州のシリンガ・ワイヤレス、アラバマ州のパインベルト・ワイヤレスなど。

スプリントは同業で米4位のTモバイルUSの買収を断念しているが、地域携帯事業会社との提携を通して低コストでサービスエリアを拡大し、競争力を向上させたい考え。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT