ホンダが「電気のバケツリレー」を仕組み化した訳

Jリーグ会場で見たフェーズフリーの現場感

電気を取り出す「CHARGING STATION」となったFCバス(筆者撮影)

秋晴れに恵まれた、山梨県甲府市のJIT リサイクルインク スタジアム。この地で、「平時と有事」の2つのフェーズをフリーとする考え方「フェーズフリー」を実感することができた。

「水素×スポーツ Day in 山梨」というイベントでのことである。

これは、2021年明治安田生命J2リーグ第39節「ヴァンフォーレ甲府 vs 松本山雅FC」(2021年11月14日)の開催に併せて、山梨県・トヨタ・ホンダなどが連携して実施したものだ。

会場では「Moving e(ムービングイー)」を活用して様々な電力供給が実施された。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

Moving eとは、2020年8月に詳細が公開された「災害時の電力確保を目指し、移動式発電・給電システムを構築して電気を届ける」ことを使命とするシステム全体を指す。

大型発電機としての母船の役目をするのは、トヨタが東京都向けなどに約100台を納車した燃料電池バス「FCバス」の搭載水素量を約2倍に引き上げた「CHARGING STATION(チャージングステーション)」。ここから電気を取り出すのは、ホンダの「Power Exporter(パワーエクスポーター)」だ。

「CHARGING STATION」から「Power Exporter」へと電気が取り出され、電化製品へと給電する(筆者撮影)

取り出した電気は、可搬型バッテリー「LiB-AID(リベイド)E500」や「モバイルパワーパック」など、小型の電池に振り分けられる。こうした一連の流れを、ホンダでは「電気のバケツリレー」と称している。

フェーズフリーとは何か?

台風や地震による災害時(有事)には、送電線がダメージを受け、通常の発送電が維持できなくなる事態が、これまで全国各地で発生している。

そうした場合に、太陽光発電で得た電気を水電解して水素とし、これを一旦、水素を燃料とする燃料電池バスに蓄え、燃料電池バスが被災地まで出向き、そこで電気のバケツリレーを行うという仕組みだ。

電力網のくくりとして、「グリッド」という表現があるが、Moving eは移動式マイクログリッドという位置付けである。

一方で、災害時(有事)のみの利用では、Moving eのシステム全体の維持コストがかかってしまう。また、災害が起こってから初めて使用すると、地方自治体や被災者などが「電気のバケツリレー」に慣れていないために、利活用がスムーズにできないことも考えられる。

そのため、平時でもMoving eを活用し、維持コストの平準化と住民向けの啓蒙活動を行うことが必要だ。これが、フェーズフリーという考え方である。

そうした中、水素・燃料電池関連産業の集積地「やまなし水素・燃料電池バレー」構想を掲げ、水素社会実現に向けて積極的な山梨県では、これまで県内で実施した防災訓練の場でMoving eを紹介しており、今回は平時での利活用の現場として、Jリーグとの協力を得た展示と訴求活動を実施することになった。

次ページ「電気のバケツリレー」の多様化
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT