来日26年で倒産も経験「シディーク社長」逆転人生

東京タワーにパキスタン料理店を出すまでに再起

もう1つ、大きな転機があった。農業の仕事を一緒に始めた日本人のつてで、東京タワーの社長を紹介されたのだ。

空き店舗が出るという話に、すぐさま乗った。少しずつビジネスを再建していったミアンさんは、こうしてとうとう東京タワーにまで登り詰めたというわけだ。

東京タワーのオープニングセレモニーには、パキスタン大使のイムティアズ・アハマド氏(右から2番目)、東京タワー社長の前田伸氏(左から2番目)も臨席(筆者撮影)
東京タワー2階のフットタウンにオープンした「シディークパレス」(筆者撮影)
こちらはマトンカレー。ミアンさんが自身が厳しく味のチェックもする(筆者撮影)

なかなかに紆余曲折の激しい日本での暮らしだが、ビジネスの上で大事にしてきたことを尋ねると、

「まわりで支えてくれている人、一緒に仕事をしている人、出入りの業者、そういった人たちにうそをつかないこと。ごまかさないことでしょうか。会社がたいへんで給料が払えないときも、ちゃんと説明するように心がけてきました。都合が悪くなると電話に出ないようなことだけは、絶対にしたくなかった」

そんな答えが返ってきた。

会社を閉めた日から1日も休んでいない

日本語の座右の銘は、「一生懸命」だ。その言葉通り、いったん会社を閉めたあの日から、ミアンさんは1日たりとも休んでいない。ワクチン接種をして副反応が出たときも、仕事が気になって会社に顔を出した。家族旅行も、出張と絡めた行先だ。

「気が抜けないんですよ。一回、失敗したからね。なにかやっていないと気がすまない」

その勢いで、来年はもっと農業に力を入れようと思っている。キャッサバの生産も始めるつもりだ。どうにも、あれこれとやってみたくなる性分なのだ。

「なんでも手を出しちゃって失敗したこともあるけど(笑)。手を出していかないと成功もないって思っています。それにね、日本は、一生懸命にがんばればちゃんと結果が返ってくる国なんです。日本人が応援してくれるようになるんです」

人生の半分を日本で過ごした親日家は、そう笑うのだった。

パキスタン人ビジネスマンは挫折を経て、ついに日本の中心に進出した(筆者撮影)
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 見過ごされる若者の貧困
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • iPhoneの裏技
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT