視点を変えられる人と思い込みが強い人の決定差

「正しく見られない」から始めたほうが楽しい

【正しく見る】

最後に、メルロ=ポンティの解説を参照しよう。

「ミュラー・リアーの錯視」という問題がある。ドイツの心理学者フランツ・カール・ミュラー・リヤーが考案した。名前はさておき、この図形自体は広く知られているだろう。

「同じ長さである」の条件が与えられているからこそ

これは「錯視」を問題にしている。つまり、「違う長さに見えるが正しくは同じである」と答えが矯正される。定規で測れば、上下どちらの赤線も確かに同じ長さになる。しかしメルロ=ポンティは、「正しく見る」とか「客観的に見る」より、上の線のほうが長く見えてしまう経験を重視する。

「ミュラー・リアーの錯視において、2つの直線部分は同等でも不等でもない。このような二者択一が課せられるのは客観的世界の中に過ぎない」

「上も下も同じ長さである」と言われれば、私たちはそのように見ようとする。今、私たちが目にしている上下に並べたこの視点から離れ、同じ長さに見えるポイントを探そうとするだろう。そのポイントに至るまで、視点を変え続けるだろう。しかし、「同じ長さである」という条件が与えられているからこそ、それが分かるポイントを探し続けられるのだ。

もし、「同じ長さである」ことを知らされないままだったらどうだろう。そしてもし、たまたまそれがわかるポイントを見つけた時、驚きはどれほどのものだろうか。

『哲学者に学ぶ、問題解決のための視点のカタログ』(中央経済社)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

「見る」は私たちの経験を成り立たせる。「まさに今、見ている景色」は写真の景色とは違う。その地点にどのような身体があるかによって、見える景色は全く異なる。たとえそれが「私」の「身体」であっても、悲しい時と嬉しい時とでは、世界の姿はまったく違って見られるだろう。

【見かけどおりのものは何一つない】

VUCA時代は、「客観的に見られない」「正しく見られない」から始めたほうが、仕事の現場が楽しくなるだろう。アイディアも占有されるこのではなく、共有されるものなるはずだ。「正しさ」や「客観性」は、始めからすでに「誤り」を抱えている。では視点はどうだろうか。視点に誤りはない。ただ別の見方があるだけだ。違う視点は間違った視点ではない。

ジジェクは、「見かけどおりのものは何一つない」と断言する。固定された視点で問題を凝視することは、問題を鮮明にするどころかボヤけさせてしまう。ついでに言うと、こんな凝視を続けては不健康だ。精神的にも負担だろう。私たちが見ている問題は、視点を動かすことで、思いも寄らない姿を見せることだろう。そこが問題解決の突破口になるかもしれない。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • グローバルアイ
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT